メインメニュー
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
  
投稿者 : garappa 投稿日時: 2017-07-27 01:31:52 (58 ヒット)
お暑い中、多くのオーナー様にご参加いただき、誠にありがとうございました。




果樹園オーナーの湯野さんによる袋かけ講習です。



くれぐれも袋の針金を閉めきってしまわないようにしましょう。
閉めきってしまうと実に養分が行きづらくなってしまい、成長が悪くなります。
袋かけは実を虫などから守るため、大事な作業となっています。


初めて参加されるオーナー様・お子様にはハウスに行く前に先ずは練習していただきます。


それでは早速ハウス内で袋かけ作業を体験して頂きます。
それにしてもハウス内というのは暑いですねー 


美味しい実が生りますように・・・・


これから12月までの間、晩白柚は袋を破る勢いですくすくと育っていきます。
今後は温かく見守っていきたいと思います。

今回お渡ししております「オーナー証」、「日奈久温泉センターばんぺい湯割引券」は是非ご活用いただきますよう宜しくお願い致します。

オーナー証をご提示頂くと、八代旅館組合の施設で10%宿泊割引の特典がございます。
(他の割引との併用はできませんのでご注意ください)


それでは、収穫の日を楽しみにまたお会いしましょう!
(果樹園にご連絡いただければ、いつでも樹をご覧になれます)

投稿者 : garappa 投稿日時: 2017-05-22 23:08:06 (99 ヒット)
多くのオーナー様にご参加いただき、誠にありがとうございました。
当日はお天気にも恵まれ、絶好の日和となりました。


当日のお写真はオーナー証に記載のユーザIDとパスワードにてログイン後、思い出アルバムのコーナーにてご覧いただけます。



本日の授粉作業にあたって注意点を伺います。
晩白柚はなかなか交配しづらいので、花粉を採っておいて授粉させてやるそうです。
花粉はとてもデリケートで、保存方法にも気を付けておられます




美味しい実ができますように・・・・



花の時期としては終盤でしたが、ハウス内はまだまだ晩白柚の花の香りがしておりました。










残念ながら当日参加ができなかった方も、今後「袋かけ」「収穫祭」などを予定しておりますので、ぜひご参加ください。
また、果樹園に事前にご連絡いただきますと、オーナー様の樹を気軽に見ることができます。

今回お渡ししております「オーナー証」、「日奈久温泉センターばんぺい湯割引券」は是非ご活用いただきますよう宜しくお願い致します。

オーナー証をご提示頂くと、八代旅館組合の施設で10%宿泊割引の特典がございます。
(他の割引との併用はできませんのでご注意ください)


これから皆さんと12月の収穫までよろしくお願いいたします。

投稿者 : y-zak 投稿日時: 2016-12-18 02:14:04 (208 ヒット)
収穫体験には多くのオーナー様にご参加頂き有難うございました。


当日は快晴でしたが、少々肌寒い中での作業となりました。



本年度は夏場の雨不足で少々小振りでしたが、大変美味しく仕上がっておりました。



少々小さ目でしたが、30個以上の収穫があったオーナー様もいらっしゃいました。








オーナー様にはお得な、葉付きでの収穫はいかがだったでしょうか。
葉付きで収穫されております果実は見栄えが良いので、玄関・床の間等で正月飾りとして飾った後、お召し上がりになると良いようです。

本日収穫した晩白柚の食べごろは既に始まっておりますが(12月は若い酸味のある味)、晩白柚から熟した香りが自然と高く漂う時期(環境により異なりますが、1-2月)には熟成した味わいとなっています。
召し上がる時期でいろいろな味を楽しむことが出来ます。
熟した香りが高く漂う時期の晩白柚の味もお楽しみください。

「晩白柚は うしつっとこんのなかったい。へたぐらいたいな」
と八代の方は言います・・・・・訳しますと・・・

「晩白柚は 捨てるところがない。へたのところくらいだ。」

と言われるように、剥いた皮にも利用方法があります。


黄色い表皮の部分はみかんネットなどに入れ、お風呂に入れて晩白柚風呂をお楽しみください。
表皮を湯の中で軽く揉みこむと、貴重なアロマオイルが出て、大変素晴らしい香りが立ち昇ります。
(1回分は8等分した皮の1-2個程度で充分かと思いますが、軽く香る程度に様子を見て加減してください。あまり多く入れ過ぎますと肌に刺激を感じる場合がありますのでご注意ください。)

八代産の晩白柚は、1つ1つ傷がつかないようにクッション材で覆い梱包し出荷されている高級フルーツで、大変高価なものです。
よくテレビや新聞で見られる晩白柚を丸ごと浮かべた風呂は風呂用として購入されたものです。
くれぐれも本日収穫した晩白柚を丸ごと浮かべるのはご遠慮ください。食べられなくなってしまいます。


皮の白い綿状の部分は、砂糖菓子等にできますので、是非チャレンジしてみてください。
(果実のむきかた、お菓子レシピはダウンロードコーナーにあります湯野果樹園パンフレットに記載。)


オーナーの皆様には1年間大変お世話になりました。
それではまた次年度に皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お撮りしておりますお写真は、オーナー証に記載してあります「ユーザーID・パスワード」でログイン後、思い出アルバムコーナーにてご覧いただけます。



前日には収穫前夜祭が行われました。

晩白柚を使ったお菓子類、晩白柚はちみつ、八代名産のトマトを使った加工品などが当たる大抽選会も行われました。







投稿者 : garappa 投稿日時: 2010-10-17 13:44:02 (773 ヒット)
「やつしろ全国花火競技大会」には、多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。

多くの花火師による技の競演、ミュージック花火の迫力はお見事でした。

また来年も多くのお客様のお越しをお待ち申し上げます。













来月 11月23日は 九州三大祭りの一つ「妙見宮大祭」が行われます。

八代妙見祭振興会サイト

投稿者 : garappa 投稿日時: 2010-07-13 13:43:21 (603 ヒット)
当日は雨天の中、お越しいただきありがとうございました。



降ったり止んだりの気難しい天気となってしまいました。


果樹園オーナーの湯野さんによる袋かけ講習です。


くれぐれも袋の針金を閉めきってしまわないように・・・
閉めきってしまうと実に養分が行きづらくなってしまい、成長が悪くなります。
袋かけは実を虫などから守るため、大事な作業となっています。


レインコートも晩白柚カラーで気合が入ってますねー


ハウス内は屋根のビニールのお陰で雨は無し。
でもやっぱり晴れが気持ちいいですよね。


植物はやっぱり水が大事ということで、こだわりの水を持参してのご参加ありがとうございました。


これから12月までの間、晩白柚は袋を破る勢いですくすくと育っていきます。
今後は暖かく見守っていきたいと思います。

それでは、収穫の日を楽しみにまたお会いしましょう!
(果樹園にご連絡いただければ、いつでも樹をご覧になれます)

日奈久散策終了のお知らせ

袋かけ体験後に日奈久の街歩き散策を行いました。
雨も上がり、散策にはもってこいの天気となりました。


日奈久温泉センターへ向かうと、何やら過去から現代へタイムスリップして来られたような方がお出迎えです。
俳人 種田山頭火の格好をされている名物ガイドさんです。
日奈久温泉「まち歩きガイド本」と名産の「竹ばし」、それと天然ニッケを使ったこだわりの「ニッケ玉」を頂きました。


ニッケ玉をコロコロさせながら、ガイドさんと歩いていきます。

軽快な案内で次から次へと楽しませていただきました。

こちらは温泉神社内の相撲の土俵があるところです。
相撲観戦のための桟敷席があります。
日奈久が栄えていたときの相撲にまつわる豪快な話や悲しい話などを伺いました。


近くの竹林を抜けます。日奈久はこのような竹林が多いそうです。
日奈久が竹細工で有名なのがわかります。


日奈久にはこのような黒の瓦と白の漆喰塗りのコントラストが美しい「なまこ壁」と呼ばれる町屋建築があります。



昭和5年に俳人 山頭火が3日間宿泊した宿として知られる「おりや」です。
山頭火が宿泊した宿として、全国で唯一現存する木賃宿です。
テレビなどでもよく紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。
山頭火は日奈久を訪れた際に
「温泉はよい、本当によい、ここは山もよし海もよし、出来ることなら滞在したいのだが、いや一生動きたくないのだが」
と記しています。


「おりや」の隣にあるノスタルジックなレンガ倉庫です。
昔は氷室として使われていて、なんだか涼しい感じがします。
現在はコンサート会場やギャラリーとして活用されています。


温泉センター前の銀座通りにある「とらや」さんです。
いつもながらチョット味見を・・・・
名物の「日奈久ちくわ」と色んな種類の「ちぎり天ぷら」があります。
お酒のおつまみにも最高ですよ


八代にはいろんな名所や史跡が多くあります。
八代に在住している私も知らないことが多く、今回のまち歩きでは、新たに八代の素晴らしさというものを知る良い機会となりました。

これから夏、秋となり、くまがわ祭り・やつしろ全国花火競技大会・九州三大祭りのひとつ妙見宮大祭なども行われます。
皆様も是非八代へお出でください。

広告 PR
ウェザーニュース
Copyright (C) 2010 Yatsushiro Ryokankumiai All Rights Reserved.